引きこもってりゃ…

まあ書くことも無い。テレビもほとんど見てないのでそっちのネタも無い。気晴らしに料理やギターの練習なんかもしたけど、ほぼ1日レポートと宿題に費やした感じです…。
 
まあそんなわけで今勉強してる範囲に関係ある話を一つ
 
「ダイヤモンドは永遠の輝き」
 
デビアスだったかな、こんな嘘を垂れ流したのは。ダイヤモンドは常温では常に崩壊し続けています。そもそもダイヤモンド(天然)は地球内部の高温高圧下という環境で出来た結晶。地球表面の環境がそれを保つのに適切なわけが無い…というのが地学で勉強した理由。化学では熱力学の範囲で触れるGibbs free energyで説明できる。ちなみにGibbsとはアメリカで最も偉大な科学者Josiah Wilard Gibbsのことです。
 
G=H-TS
 
というのが彼の提唱したフリーエナジー。HはHeatでTはTemperature(K)、Sはエントロピーです。標準状態で計算してみるとGは-2850J/mol。フリーエナジーがマイナスだとspontaneous(自発的)に反応が起こります。この場合ダイヤモンドがreactant(反応物)、グラファイトがproduct(生成物)なので常にダイヤモンドはグラファイトに変化し続けているというわけです。
 
チラッと聞いた話ですがデビアスは労働者の扱いなどが劣悪で、血でその地位を築き上げたとまで言われるほどです。世界2位のダイヤモンド消費国日本にはその現実に目を向けて欲しいものだ。
 
>巨○兵さん
コメントありがとうございます。それ以上でかくなったら流石にヤバイって(笑)。どちらにせよこれで俺が最小ですな。ダントツに。
また、本文はコメントにて。
広告
カテゴリー: 科学系雑学 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中